こもれびの日常

みなさんこんにちは!

3月になってだんだん暖かくなってきましたね~

といってもやっぱり北海道。まだまだ寒いですが、目の錯覚でしょうか?こもれび内では半そで短パンで過ごす子が何名かいる気がします。

「いや、こんな寒いのにそんなわけないか…」と思ってよく見てみると、やっぱり半そで短パン。目が合ったら「コラッタ」でも繰り出してきそうな格好です。

 

 

ということで、今回は最近のこもれびでの日常を書いていきたいと思います!

けっして今月はネタがなかったわけではないです。

 

まずは何といっても「雪遊び」ですね!

 

雪山でソリすべりしたり、かまくら作ったりと、毎日のように外に遊びに出かけています。

 

 

最初のころは「外遊びいくぞー!」って呼びかけたら、みんなって感じだったんですが、

最近は雪も溶けてきて、「アレ?なんか雪溶けてきてね?雪遊びあんま楽しくなくね?」と、子ども達自身うすうす感じつつも、なんやかんやで外に飛び出ていきます。

ソリすべりしても、もう結構雪が溶けてるもんですから、なんかが混ざって「ぐちゃぐちゃっ」としたところに飛び込んでいってますね。

 

そこで感じるんですよね。

 

「春」を…

 

 

 

  

 

 

あとは「たたかいごっこ」が流行ってます!

みなさまもお迎えに来た際に、子ども達が様々な武器を持って戦っている光景を見たことがないでしょうか?

あの武器、実はふわっふわのスポンジのような素材でできていて、当たってもあんまり痛くは……いえ、ちょっと痛いだけで済むんです!

 

 

以前はダンボールで武器とか作ってあげていました。

が、作ってる先生側も張り切っちゃって、無駄にこまかいディティールにこだわったりして、それなりの武器ができてしまうんです。当然それで戦うと、当たった時とっても痛いんですよね…

「もうこれ以上、自分が作った武器で誰かが傷つくのを見たくない。」そんな製作者の想いが、あの武器には込められているんですねぇ…

 

まぁそんな想いもろとも、作った初日でぶっ壊れてましたがね。その日の夜は枕を濡らしましたよ。

 

そんなこんなで毎日楽しく遊んでいるわけですが、もうちょっとで春休み!

その先には新年度ということで、また新しい1年が始まります!

  

  

 

春休み中はお楽しみ会があったり、総研に遊びに行く日があったり、また、ドキドキの新1年生も入所してきますので、イベントが盛りだくさんであります!

来年度もみんなで楽しい一年にしていきましょう!

社会福祉法人 温真会