園の概要

札内青葉保育園の特徴

イメージ図/札内青葉保育園の特徴

札内青葉保育園は昭和54年に町立青葉保育所として札内青葉町に開設されました。以来31年、多くの卒園児を送り出し、平成22年度より社会福祉法人 温真会が指定管理者に選任され7年間運営し、平成29年度より同法人が継続して民設民営化という形で運営することになりました。同時に名称が札内青葉保育園に変更となりました。

イメージ図/札内青葉保育園の特徴

乳児組は育児行為を担当の保育士が行う担当制を行っており、子どもと深い人間関係を築き、1人ひとり丁寧に保育を進めています。幼児組は小学校就学に向けて、「うんどうあそび」、「テーマあそび」、「キッズスポーツ」「キッズイングリッシュ」「キッズサイエンス」などを取り入れています。

また、病後児保育「ひだまり」を開設し、働くお父さん、お母さんを支えています。

概要

名称 札内青葉保育園
所在地 〒089-0541
北海道中川郡幕別町札内青葉町310番地36
電話番号 0155-56-4131
FAX 0155-56-5010
定員 90名
職員 園長1名
主任保育士1名
保育士22名
看護師2名
栄養士2名
調理員2名
外部講師7名
(キッズサイエンス3名、キッズスポーツ2名、キッズイングリッシュ1名)
クラス編成 5歳児 すみれ組
4歳児 ゆり組
3歳児 ちゅうりっぷ組
2歳児 たんぽぽ組
1歳児未満 つくし組
保育事業の種類 乳児保育
障がい児保育
延長保育
病後児保育

社会福祉法人 温真会